スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚公正証書・離婚協議書作成は女性行政書士へ~浜松・磐田・袋井・掛川・静岡・豊橋・菊川

2015年01月02日 - 未分類

口約束はトラブルの元  本当に相手の事が信用出来ますか?  


協議離婚の際の子供や金銭についての話し合いの結果は、必ずしっかりとした文書に残しておくようにしましょう。


一度は家族だった人だからと、相手を信用して口約束だけを交わした場合には、相手が約束を果してくれなかったとき、再度もめますし、証拠がないために泣き寝入りせざるを得ない危険性があります。


約束事を文書化していないために後でトラブルになっているケースがよく見られ、養育費慰謝料について口約束をしていても、実際は約束通りに支払ってもらえない、また子供に会わせてもらえない、などということがとても多いのが実情です。






厚生労働省の調査によると、継続して養育費を受けている世帯はわずか17%という驚きの結果が出ました。10人のうち8人が養育費を支払ってもらえてないのです。


ではなぜ、10人のうち2人は養育費を継続的に確実に支払ってもらえているのでしょう?




もちろん、支払者の人間性も大きく関わっていると思いますが、きちんと相手と今後のことについて話合いをし、約束事をちゃんと文書化しているからです。離婚後の生活のために、万全の対策を施しているからだといえます。


離婚後にトラブルを抱え続けることがないよう、 約束事は必ず離婚協議書に残しておきましょう。



協議書に署名押印することにより、債務者の「きちんと支払わなければ!」という意識を高めることが出来ますので、より約束が守られやすくなります。
          

また、明確な文書があることで、相手が万が一支払ってくれない場合には、離婚協議書を証拠として、裁判などの法的手続きに訴えることが出来ます。



 こちらもご参考に→ 離婚協議書とは? 






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

離婚協議書だけでは、まだ万全ではありません!


ただ、離婚協議書が出来ても、離婚協議書自体には強制執行力はありません。


また、支払が滞った場合に、実際に裁判などの手続きを行うことは面倒ですし、かなりの費用と時間を費やし、心労を伴います。



書面にしておけば、少なくとも「そんな約束はしていない」という言い逃れは出来ませんし、裁判になった時の確たる証拠にもなります。


が、さらに安心した生活を送るために、確実に支払ってもらうためには、その文書を強制執行力のある公正証書にしておくことが是非必要です。
公正証書とは?   




メインページはこちら→離婚相談行政書士酒井志保法務事務所   








このサイトについて


ぎょうせいしょし
行政書士の酒井志保と申します。

離婚は単に離婚届に判を押せばいいというものではありません。
親権、慰謝料、養育費など決めることが沢山あります。

相手と話し合うのが面倒だからといって、何の取り決めもせずに離婚届を提出するのだけは避けましょう。

また、相手と取り決めをした場合、後でトラブルを避けるためにきちんと書面に残すことが大切です。

当事務所では、離婚・別居相談~離婚公正証書・離婚協議書・内容証明の作成まで、全国対応で承ります。

初回メール相談は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

○お問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ→離婚相談行政書士酒井志保法務事務所   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。